スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死から立ち直る5つのステップ

このところ暗い話題ばかりで本当にごめんなさい。




でも、うちもむさしが9歳になり死というものが他人事でなくなってきたということもあるし、mixiやブログを初めてうさぎ友達が増えたこともあり、大変敏感になっています。




実は昨日の早朝にも友人のうさぎのぷりんさんが亡くなりました。



彼女は2年前から首から下が麻痺してしまい友人夫婦で手厚い介護を受けていました。



このところうっ滞を繰り返していましたが、とうとう逝ってしまいました。



また、私が前によく読んでいたブログ「イマドキのうさぎライフ」の毛無しうさぎさんも9月に亡くなっていたと先ほど教えてもらいました。



手をかけた子ほど思い入れも強くて、亡くした時の喪失感は言葉にはできないほどです。



そこで、前に本で読んだ死から立ち直る5つのステップを書いておこうと思います。



この対象は人間ですが、ペットでも同じだと思うので参考にして頂ければと思います。



1.否定 : 亡くなってしまったことが信じられず「現実ではない」と思い込む

           ↓

2.交渉 : 神様に「生き返らせてください」などと交渉する

           ↓
        

3.怒り : 亡くなってしまった人に「どうして私を残して亡くなったの?」とか病院の先生や身近な人に対して「あなたのせいだ」と怒る。または「~をしなければなくならなかったんじゃないか」と自分に対して怒る(後悔する)

           ↓


4.受容 : 亡くなってしまったことを受け入れられるようになるが、そのために一生悲しみが深くなることもある

           ↓

5.解決 : 笑顔で亡くなってしまった人のことを思い出せるようになる




ペットを亡くすとどうしても自分を責めたり、獣医さんを責めたりすることがあります。



それをまたいけないことと思い自分を責めてしまう方も多いですよね。



実は先日も書いた小梅さんですが、彼女は私のバッチフラワーエッセンスの資格取得のための5日間の東京セミナーと旦那の出張が重なり、数日間ペットホテルに預けました。


その数日後に両足の付け根に禿を見つけ病院で診てもらうと白癬菌(真菌症)と診断されました。


どうもペットホテルに預けられたことがストレスとなり発症したようです。


その治療で強い注射を毎週のように2ヶ月ほど打ち続けました。


その治療で今度は肝臓をやられ、最終的に1歳10ヶ月で死に至りました。


当時は獣医を恨みましたが、今になるとその獣医はむさしが他の病院で殺されそうになった時に救ってくれた獣医で信頼を寄せていた人だったことを思い出し、恨むことは無くなりました。


こういう経験を私もしているので、獣医さんには申し訳ないんですが、立ち直るためには獣医さんを恨んでも良いと思うんですよ。


それで自分を責める必要もないしね。





それから泣くのを我慢してしまう方が多いですが、泣くのだけは我慢しないでくださいね。



三途の川が干からびていると大切なペットたちは川を渡れなくなります。


その子を思って流した涙が川の水になるそうです。


沢山泣いて川の水を満たして三途の川を渡れるようにしてあげてください。


それと泣くのを我慢するとペットロス症候群になってしまいますからね。




小梅 090 (2)


私がしっかりもちつきを教え込んであげるから、みんなのままちゃんたち安心してね!
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スクーピーくん。。。最近HP見てなかったので、今知りましたが。。
なんだか、言葉にする言葉がでない。
実家で犬がずっといる生活でしたが、今ショコラといるように、ガッツリはまって暮らしたわけでは無いので、悲しい思いをたくさんしてきたけど、正直、ショコラの時は自分がどうなるか不安です。
でも、気持ちとしてはショコラに心配かけないように、時間かかっても立ち直るぞって、思ってます。

No title

実は私もひとごとではなくごえもんさんと同じ気持ちかも・・(TдT)
ちぇりーさんですがめっきり年をとったなぁって思うんです
たまにいなくなっちゃた事を考えると涙がつつーっとでちゃったり
亡くした飼い主さん達の気持ちを考えるとまた涙がつつーっと・・
時間はかかると思うけど、いつか笑顔で・・って私も願います
そしてどうか悲しみで体を壊さないようにって・・

写真のうさちゃん小梅ちゃんですか?
すっごい可愛い子ですねぇ!
またぜひ登場していただきたい♪
小梅ちゃんもちつき指導よろしくね^^

No title

背中を押してもらいました。
ありがとうございます。
今日は沢山泣いたから、
明日は笑顔になりたいです。

No title

若くてもいつそうなるかわからない子たちだからこそたっぷり手をかけ
愛情を注ぎ後悔しないようにって思いますがいざその時がくると
どうしていいのかわからなくなってしまうと思います
まして突然そうなったときは何が起こったかさえ理解できない・・・
昨年 10月まーずが逝った時・・・・
病院へ行く車の中で息を引き取りましたがどうすることも出来ず
泣きながら運転していたのを思い出しました
帰りももちろん涙ポロポロでした
病院でもう少し早かったらって言われたけれどちょっとおかしいと気づいてから4時間ほどでしたからそんなことになるなんて思ってもいなくて
パニックというよりなぜなぜなぜでした
でも時間 日にちが経つにつれ受け入れることができ諦めもつきと変わっていきましたよ。
今では笑って話せますしもし今度同じ事があっらもう少し違う対応が出来るかも・・・と思ってはいますがその時になってみないとね。

Re: No title

ショコラの姉さん

姉さんもスクーピーくんのこと知ってましたか。。。
私も最近HP見ていなかったんで 昨日知ったんですけど 本当に言葉がないですよね
私も実家にいる時は犬を飼っていて 私と母がほとんど世話をしていましたが いくら大切にしていても親の犬であって私の子ではなかったので 私もむさしが死んだら自分がどうなるのかわかりません
むさしは私にとって初めてのうさぎさんであり 手をかけたうさぎさんだしね
でも 彼に恥ずかしいことだけはしないようにしようと思っています 

Re: No title

まみぽんさん

長生きしてねって思うけど 長生きされただけ思い入れも深くなるから 亡くなった時の喪失感は大きいですよね
私も 毎日のようにむさしに「15歳位までは生きてね」って話しかけていますが 本当に15年お付き合いして死なれたら きっと立ち直れないだろうなぁ
私は一人残された時の気持ちより 亡くした飼い主さんの思いを考えると 本当に他人事じゃなくて。。。

> そしてどうか悲しみで体を壊さないようにって・・

そうだよね
悲しみで体壊しちゃったら ちぇりーちゃんに会わせる顔がないですよね
私もむさしに会わせる顔がないですよ

> 写真のうさちゃん小梅ちゃんですか?

そうそう 小梅です
小梅は旦那限定ですけど こうやって抱っこされるのが大好きで 旦那が寝ころんでいると必ず腕の中に自分から入って行ったものです

> またぜひ登場していただきたい♪

亡くなったのが早かったから そんなに写真が無いですが 機会があればアップして行きますね

Re: No title

chili+tomato さん

私も最近は泣きっぱなしです
でも どうしても記録に残していきたかったんで 記事にしました
参考にして頂ければと思います

Re: No title

まーずさん

> まして突然そうなったときは何が起こったかさえ理解できない・・・

私もですよ
旦那の運転で 休日夜間病院に通う途中で小梅が私の腕の中で亡くなり 半狂乱になりながら獣医さんに助けてくださいって懇願しました
私の状況を見て 獣医さんは「今朝来ても無理だったと思うよ」って慰めてくれましたが それでも自分を責める気持ちは治まりませんでした
だから まーずさんのその時の気持ちは痛いように分かります

あの時は 時間がかかりながらも対処できましたが むさしの時は自分がどうなるのか怖くてたまりません

No title

うちのたらおが不自由な足で、三途の川を渡ろうとしているところを
想像するだけで、涙が。。。

だから、彼が亡くなった時は嫌になるくらい泣きます。

でもごえもんさん言うようにうちの子も手厚く育ててきた子なので、
本当に別れの時を考えると辛くて心が締め付けれられそうになります。

小梅ちゃん、たらおが行くようなことになった時にはよろしくね。

No title

私は 以前から ペットロスだけは ならない様に
生きてる間に あずきとの暮らしを 精一杯生きて行こうと
思っていました
それでも あずきが お月さまに帰った後は
当たり前の様に 何時も家族の側に 
寄り添ってたあずきが 見当たらない・・・・
いいようの ない 恐怖にも似た 寂しさが 襲ってきました
でもね あずきと話していて はっと・・・気づいたんです
これって ペットロス? あかん あかん ・・・・
こんな事では 
あんなに あずきと一緒に 楽しかったんだから
あずきに ありがとうねぇ~
この あずきとの思い出の部屋で あずき~何時も此処に いてたよねぇ~ こんなこと 好きだったよね~
な~んて 話しながら 楽しく暮らして行こう~
話ししながら 泣いたっていいや~ 落ち込んじゃいないしー な~んて 思うようになりました
今は 凄く 心が軽くなりました だって 楽しかった思い出が い~ぱい ありますからね
何時か また ご縁があって あずきの 妹か弟に
出会える日を 楽しみに~
 

No title

私もUSAさんが居なくなってしまった時を考えるだけで、どうしていいかわからないです。

正直、今まで一緒に暮らした猫たちと比べるとUSAさんへのお世話の方がたくさんしているから。周りからは「なんでそんなにうさぎのお世話の毎日で居られるかが不思議」と言われるけど、私は「USAさんは毎日私に幸せをくれる素晴らしい子」と言って幸せだし・・・。

ずっと一緒に居たいけど、いつか、その日が来ても「もっと愛情をかけてあげればよかった」って後悔だけは絶対にしないだろうな~と思います。

いつか、USAさんがそっちに行ったら、餅つきの仕方を教えてあげて下さいね(^v^)多分、ものすっごい力任せの餅つきをしちゃうと思うけど(笑)

No title

お久しぶりです。
せっかくいろいろお話しようと思っていた矢先に、先月うちの子はお月さま組になってしまいました。
どうしても獣医さんに対して嫌な感情を抱いてしまったり泣かないように我慢してばかりの日々でしたが、ごえもんさんの記事に救われました。ありがとうございます。
むさしくんとごえもんさんがながくながく一緒にいられますように!

Re: No title

けぇ坊さん


> だから、彼が亡くなった時は嫌になるくらい泣きます。

船に乗って三途の川を渡るんだから、体が不自由でも大丈夫だよ(^^)/
その時は沢山泣いて舟を浮かべてあげようね

> でもごえもんさん言うようにうちの子も手厚く育ててきた子なので、
> 本当に別れの時を考えると辛くて心が締め付けれられそうになります。

大病をした子やむさしやたらおちゃんみたいに体が不自由な子は やっぱり手をかけてるし その分懐いてくれているから悲しみも深いよね
私も考えるだけで 涙涙です

> 小梅ちゃん、たらおが行くようなことになった時にはよろしくね。

おっけ~!by 小梅

Re: No title

あずき母ちゃん

私もその時に後悔しないようにたくさん愛して行こうと心がけています
ペットロスになったら亡くなった子に申し訳ないもんね
とはいえ 思った通りに行かないのも人間だけど。。。

いつの日か あずきちゃんの弟か妹に出会えた時 絶対にすぐにわかるから見逃さないようにね♪

Re: No title

ミキリーナさん

> 私もUSAさんが居なくなってしまった時を考えるだけで、どうしていいかわからないです。

みんな一緒だよね
USAさんには手をかけているしね

> ずっと一緒に居たいけど、いつか、その日が来ても「もっと愛情をかけてあげればよかった」って後悔だけは絶対にしないだろうな~と思います。

今ちゃんと手をかけて愛してあげれば 後悔だけはしないと思うし 私もそうならないように心がけています

> いつか、USAさんがそっちに行ったら、餅つきの仕方を教えてあげて下さいね(^v^)多分、ものすっごい力任せの餅つきをしちゃうと思うけど(笑)

まずは臼を壊さないように力加減を教えるところから始めるから安心してね^m^  by 小梅

Re: No title

あくびさん

うさこさんの記事読ませていただいてました
でも なんとコメントして良いのかわからず。。。
ごめんなさいね

あの状況下では獣医さんを責める気持ちは仕方のないことだったと思います
でも 恨んでばかりでもうさこさんが可哀想ですもんね
沢山泣いて 沢山愚痴言って 気持ちが楽になればと思います

うさこさんのご冥福をお祈りしています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

非公開でコメントしてくださった方へ

うさぎさん 亡くなってしまいましたか。。。
うさぎさんのご冥福をお祈りいたします


うちも小梅さんを2歳になる前に亡くしています
むさしの時もそうだったんですけど 大切な宝物が亡くなると まるで心臓発作かと思うほど胸がドキドキして 夜眠ることがとても怖かったです

でもね。。。
あなたがそんなに辛い思いをしているのをうさぎさんが知ったら どう思うかな?
自分のせいで大好きなママちゃんを悲しませているって思わないかな?
今はとても辛いと思います
沢山泣いて 早く元気になってくださいね

そしてまた縁があればうさぎさんと生活してくださいね

コメントありがとうございました<m(__)m> 
プロフィール

ごえもん

Author:ごえもん
2009年5月に脊髄骨折のため下半身不随になってしまったうさぎと2013年の1月まで一緒に暮らしていました。
怪我をした時、あまりにも情報の少なさに愕然とし、少しでも情報をお伝えできればとブログの開設を決めました。
その為、ブログに敢えて「下半身不随」と言う言葉を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキング
フリーエリア
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。