スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にネンネ

むさしくんが転んじゃうって私よく書きますが、転ぶってどんな感じって聞かれることが時々あります。





個人的に転んでいる姿を写真や動画に撮るのは可哀想なので、今までに一回しか撮ったことが無いしブログにもたぶん一度しかアップしていないと思うのですが、それをもう一回載せることにします。





ちょっと胸が痛む動画なので見たくない人は飛ばしてくださいね。



[広告] VPS




むさしは左がいつも下になるように横座りをしていますが、転ぶ時は右側が下になっちゃって起き上がれなくなるんです。





昨夜のことなんですけど、むさしくんケージの中で転ぶ回数が非常に多くて30分おきに起きて身体を起こしてあげていたんですよ。。。




明け方の4時に、まるでけいれん発作の様に頭を振りながらバタバタしていたので慌てて飛び起きました。





獣医からはけいれんなどの発作も起こすようになるだろうと言われているので、とうとうこの時が来たのかと頭が真っ白になりましたが、声をかけたらすぐに止まったんですよね。。。




けいれんだったらそんな訳ないしとよくよく見たら、牧草フィーダーからヒステリックに牧草を引っ張っていただけヾ(*´ー`*)ノ゛ だったんですけど、このままじゃ眠れないので私のベットにSUSUを敷いて一緒になることにしました。





              枕
              ↓

1336828412701.jpg

              ↑
             掛け布団





1336744680205.jpg

今日はままちゃんのお布団で寝るの~♪





下手な絵で書くとこんな感じ


むさしくんと私

私の首のところにある横線は掛け布団の線だと思ってください。





こんな状態で8時までうつらうつらしてました。




結構つぶさずに眠れるもんだと感心しましたヾ(*´ー`*)ノ゛




むさしくんは全く身動きせずよく寝てくれたので、転んじゃう回数が多い日はこうやって寝ようかな~♪
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

む~ちゃん、ママちゃんと一緒にネンネしたのね!
ママちゃんのおそばは安心だねぇ~

胸が痛くなる光景も、何もかも、全てを受けとめる。。
そんなママちゃんのおそばでゆっくり眠れたかな?

No title

ごえもんさんのお隣で安心できたのかな~

動かず寝てくれるなんてごえもんさん思いですね(*^^*)

寝れなく大変だと思いますが、お体に気をつけて下さい☆

むさしくんもママが側にいると安心できそうですね(*^^*)愛情いっぱいでむさしくんうれしそうなお顔です♪

私も弥太郎の調子が悪いときはケージの前で寝ます(>_<)少しても変化があったらすぐに気づけるように☆
近くにいてくれるとお互いに安心できますね(^-^)

初めまして

初めまして。
先週末、事故で下半身が動かなくなったウサギを持つものです。
どこからなにをし始めたら良いか判らなくって、テンパってました。
こちらのブログで、すごく落着きました。
家庭の都合、庭で飼っていまして、毎朝兎小屋から出して囲い柵に連れて行きます。どうしても抱っこしないといけないので、このサイトを見て抱っこの仕方を考えます。
これからもよろしくお願いします。
むさしくん。よろしくね。

No title

むさし君はごえもんさんに構ってほしかったみたいですね。

うさちゃんは頭が良いので、こうしたらこうしてもらえるっていうことを
すぐに覚えてしまいますから。

大きな音を立てるとごえもんさんがすぐに起きてきてくれることを
理解して実行しているんですよ、きっと。

一緒にねんねしてもらえてむさし君は幸せですね。

No title

ママちゃんとむーちゃん、一緒にお寝んね♪
安心だもんね!
よかったね、むーちゃん♪

始めまして

10日くらい前に下半身不随になってしまい
今は何とか元気に過ごしてくれてますが
オシッコは垂れ流し状態で
拭いてはあげてるんですが
ものすごい嫌がり逃げ回るので
無理矢理はやらないようにしてたんですが
昨日、良くよく見たらお尻のヨコがかぶれて皮が剥けた状態で
すぐ病院に連れて行きましたが
お薬入りのパウダーをもらい
乾燥させておく事が大事と言われ
ブログを拝見していろんな対処を取ってるんですが
ムサシくんはそのような事にになりましたか?


本当勉強不足でお恥ずかしいんですが
盲腸便って私見た事ないんですよ…

盲腸便ってなんですか?

本当初心者ですみません( ; ; )

Re: No title

masyamamさん

> む~ちゃん、ママちゃんと一緒にネンネしたのね!
> ママちゃんのおそばは安心だねぇ~

ベッドでは一緒にネンネしてくれたんですが。。。
後日談は近々ブログに書きますね

> 胸が痛くなる光景も、何もかも、全てを受けとめる。。
> そんなママちゃんのおそばでゆっくり眠れたかな?

そうだと良いんですけどねぇ^m^

Re: No title

きみさん

> ごえもんさんのお隣で安心できたのかな~

一緒にネンネが出来たのは ベッド限定でした。。。

> 動かず寝てくれるなんてごえもんさん思いですね(*^^*)

本当にそうですよねぇ

> 寝れなく大変だと思いますが、お体に気をつけて下さい☆

ありがとう♪

Re: タイトルなし

みゅさん

> むさしくんもママが側にいると安心できそうですね(*^^*)愛情いっぱいでむさしくんうれしそうなお顔です♪

ありがとうございます
でも あれから色々ありまして。。。(含みを残しておきます^m^)

> 私も弥太郎の調子が悪いときはケージの前で寝ます(>_<)少しても変化があったらすぐに気づけるように☆
> 近くにいてくれるとお互いに安心できますね(^-^)

やっぱりその方が安心ですよね
何かあったらすぐに対処が出来るから 弥太郎君もきっと安心してくれていると思います

Re: 初めまして

ペーストさん

初めまして & いらっしゃいませ~(^^)/

> 先週末、事故で下半身が動かなくなったウサギを持つものです。

あらあら じゃぁ 本当に最近だったんですね
事故は落下事故ですか?

> 家庭の都合、庭で飼っていまして、毎朝兎小屋から出して囲い柵に連れて行きます。どうしても抱っこしないといけないので、このサイトを見て抱っこの仕方を考えます。

今の状態でお外はとても危険です
ご家庭の事情ということですが 下半身が駄目になったうさぎさんは自分で体温調節することが非常に難しくなります
ですから ちょっとの暑さ寒さが命とりになるんですよ
今後家の中で飼ってあげることはできないのでしょうか?
下半身が動かなければ おしっこも介助が必要になりますし お風呂に入れなくてはいけないことも多々出てきます
厳しいことを言うようですが ご家族で一度話し合ってみてあげてくださいね

ところでうさぎさんはなんていう名前の子なんですか?

Re: No title

ららさん

> むさし君はごえもんさんに構ってほしかったみたいですね。
>
> うさちゃんは頭が良いので、こうしたらこうしてもらえるっていうことを
> すぐに覚えてしまいますから。

わかります~
やっぱりむさしですが 健康な頃に手を軽く痛めたことがありまして その時に大騒ぎして過保護にしたもんだから しばらくの間手を持ちあげていました
でも 時々その手が左右変わるし 私が見てない時は手を両方使って走り回っていたんですよね^m^
それで 見ると慌てて片方の手を上げるんですよ
うさぎって面白いなぁって思ったのを思い出しました ^m^

Re: No title

みせすばにーさん

むさしとネンネが出来たのも数日のことでした(・_・、)グスン
今はもう。。。
続きはブログにアップします~♪

Re: 始めまして

sevemin さん

まず 怪我をしたのは事故ですか?老化ですか?
多分事故で骨折したんですよね

獣医さんはおしっこのことはなんと言っていますか?
うさぎに詳しく 同じような治療をした獣医さんならは圧迫排尿が必要だと言われると思うんですよ
普通はその際にやり方などを教えてもらえるはずなんですが。。。
垂れ流しは 尿焼けを起こす原因となります
この時期から 尿焼けを起こしてただれた肌にウジが沸く可能性が大きくなります
ウジが沸くと安楽死が薦められるようになりますので そうならないように処置しなくてはいけません

まず皮膚を乾燥させることより 皮膚を濡らさないようにすることが大切です
床材を出来れば超吸水バスマットに換えてください
それだけでもグンと濡れることが少なくなります
また 圧迫排尿のやり方を獣医から教えてもらってください
このブログにも動画でアップしているので 参考にしてくださいね

お尻の横。。。
左右2ヶ所ないですか?
もしや臭腺のところじゃないですよね?
もしそうなら 元々毛が生えていないですし 皮膚が破れたよう(人間のおへそのように)にはなってますよ?

おしっこは拭いただけではなかなかとれません
お風呂にも入れる必要がありますが それも獣医さんに一度確認して見てください


もしかしてかなりうさぎさん初心者ですか?
飼育書を読めば 必ず出てくることなんですが。。。

> 本当勉強不足でお恥ずかしいんですが
> 盲腸便って私見た事ないんですよ…

見たことが無いのは正常なことです
うさぎさんは食糞用のうんちとコロコロうんちの2種類するのですが 食糞用の物が盲腸糞と言います
健康な子は お尻に直接口を付けて吸って食べちゃうので 見たことが無い飼い主さんは多いと思います
ですが 下半身不随になると直接食べることが難しいので 目にする機会は増えると思います
今回の写真の一番上に出ているような ドロドロの物も盲腸糞で 普通は下痢と間違えられることも多いです

ちなみにうさぎさんは何歳ですか?
年齢によっては積極的に飼い主さんが食べさせる必要がありますよ
そういうことも獣医さんに聞いてみてください
そして私が言ったこと(圧迫排尿など)を否定する獣医さんだったら 病院を変えた方が良いですよ

それと怪我後一ヶ月が山です
一ヶ月を過ぎるまでは絶対安静にしてあげてくださいね

うちの人が前に10年間飼ってたので
その子は骨折もした事がなく
骨折の経験が始めてだったので?

ウサギの本読んでみますね?

ムサシくんみたいに頑張っていきます!!

美味しそうな牧草
さがしてうちのウサギにもあげてみよう?

初めまして

初めまして。
時々おじゃましています。

家には6歳になるうさぎがいます。
小学校でもらったうさぎで、いつの間にか片脚を引きずるようになり、
それが上向きにねじれ、そのうちに四肢が開いて体を支えられなくなりました。
その都度、病院には行っているのですが、うさぎに詳しい病院は少ないようです。
結果的には開帳肢だったようです。

いろいろネットで調べているうちに、こちらにたどり着きました。
近所の病院より、飼育書より知りたいことが沢山書いてあって
本当に助かります。

一番の悩みは下の世話ですが、動けなくなってからは抱っこさせてくれるので、
お尻だけは洗えています。なんとか最期まで少しでも居心地よくしてあげたいです。これからもよろしくお願いします。

ここ2日くらいものすごい警戒心が強く
ケージを掃除するのに手を、入れるだけで鳴き、耳もふさぎ
引っ掻く行為や噛むとの威嚇
今までにないくらい
攻撃的になってしまいした。
毎日の通院やお尻を洗ったりするのが
相当嫌なのか
ケージから出される恐怖感からなんでしょうか…
今まで全くそんな事しなかった子なんです…腕のなかで寝る事もありました。
恐怖心を取り除く事は
難しいですかね?

Re: タイトルなし

sevemin さん

ご主人が10年も経験があるんですね
きっと大事に育てられて健康な子だったのでしょう

> ウサギの本読んでみますね?

今は色々な種類の本が出てますから 読んでいても楽しいと思いますよ♪

Re: 初めまして

リッピさん

初めまして & いらっしゃいませ~♪

うさぎさん四肢の開帳肢でしたか
うさぎに詳しい病院って なかなか探すの大変ですが 結構口コミで探すと見つかったりしますよ
数的には少ないですけどね。。。
 
> 近所の病院より、飼育書より知りたいことが沢山書いてあって
> 本当に助かります。

開帳肢と下半身不随って 介護として考えると結構似てますもんね
参考にして頂ければ嬉しいです

> 一番の悩みは下の世話ですが、動けなくなってからは抱っこさせてくれるので、
> お尻だけは洗えています。なんとか最期まで少しでも居心地よくしてあげたいです。これからもよろしくお願いします。

開帳肢の場合は圧迫排尿はしてはいけないのかな?
神経が通っていたら 膀胱触ると痛みがあるから難しいですよね
齧らない子なら おむつっていう手もありますよ
人間の未熟児用なら案外使えるし 動物用に比べると安いのでお勧めです

もし 一度試してみたいなら言ってくださいね
使い道のないおむつが沢山余っているので 使って頂けるのなら送りますから。。。

Re: タイトルなし

sevemin さん

たぶん 自分の体に戸惑っているんだと思います
うちも最初はそうでした。。。
今まで自由に動けていたのが 急に動けなくなって かなりストレスも溜まっているのでしょう
ですが その内にこの身体にも対応できるようになりますから大丈夫ですよ

ただ 自傷行為をしないように目を光らせてくださいね
ひどい子は自分のしっぽや足などを齧り切ってしまうんですよ。。。

恐怖心を取り除くことは うちではバッチフラワーエッセンスのレスキューレメディを飲ませました
かなり効き目があると思うのでお勧めですよ


> ここ2日くらいものすごい警戒心が強く
> ケージを掃除するのに手を、入れるだけで鳴き、耳もふさぎ
> 引っ掻く行為や噛むとの威嚇
> 今までにないくらい
> 攻撃的になってしまいした。
> 毎日の通院やお尻を洗ったりするのが
> 相当嫌なのか
> ケージから出される恐怖感からなんでしょうか…
> 今まで全くそんな事しなかった子なんです…腕のなかで寝る事もありました。
> 恐怖心を取り除く事は
> 難しいですかね?
プロフィール

ごえもん

Author:ごえもん
2009年5月に脊髄骨折のため下半身不随になってしまったうさぎと2013年の1月まで一緒に暮らしていました。
怪我をした時、あまりにも情報の少なさに愕然とし、少しでも情報をお伝えできればとブログの開設を決めました。
その為、ブログに敢えて「下半身不随」と言う言葉を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキング
フリーエリア
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。