スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故後日談

こんにちは、ごえもんです(^^)/



皆さんに個別にお返事できなくてごめんなさいm(__)m



あれからかなりの進展があり、相手判明しました!!


jiko1.jpg





事故は上の絵のように片道6車線の道で起きました。



私の車は右折車線の2番目のところに停まっていて、そこへ後ろから一台の車が追突しました。



右折車線にいたので右折の信号を出し、曲がった所で停まって話をしようとしたのですが、相手は直進に頭を突っ込んだまま右折しようとはしませんでした。




jiko2.jpg


そこで逃げられると思い私も隣の直進車線の先頭に出て、斜めに道を突っ切り交差点を越したところで左の路肩に駐車しました。




ところがその行動が相手に私が左折して行ってしまったと思われてしまわれたということなんです。




これは相手の言い分なので全く信用は出来ませんが、そう思い込んだ相手はそのまま大学に行ってしまったそうです。



そして大学から110番通報したという話でした。




そうなんですよ。相手は20歳になったばかりの女子大学生だったんです。




相手の大学生は警察へ通報する際に事故の交差点名を間違えて言っていたために、警察内で違う事故と思われていたそうです。



二つの事故を聞いて疑問に思った警察官が相手に問い合わせて初めて同じ事故だということが分かったそうです。




3日の日に相手と警察で会い話し合いをしたのですが、親が来なかったために保険会社も分からず、電話で教えてくれることになったのですが。。。




連絡来ない。。。




こちらから相手の携帯に電話するも出ない。。。




自宅に電話したらおばあさんと思われる人に私は「あんた」呼ばわりされ、最期の最期に「あ”ー 悪かったねー」と言われました。



保険会社の名前を知りたいので母親から連絡が欲しいと伝言をするも連絡来ない。。。




もうめちゃくちゃ気分悪いですよ!




相手が加入している保険会社の人とも彼女と母親がきちんと連絡も取らなかったために、全て押し押しになってしまっています。



余りに腹が立ったので相手の保険会社の人に「警察には寛大な処置をお願いしました(警察官から彼女は現場を離れたけれど30分後に110番したから悪質ではないのでそのようにしてもらえないかと言われたんです。)が、撤回しようと思います」と言ったとたん、相手の親から謝りの電話が。。。




先ほどお菓子を持って謝りに来たんですけどね、相手の女の子ダメージジーンズですよ!?




普通、母親も一緒に来るのに被害者の家にそんな恰好で来ないですよね。。。







今は警察に呼ばれたり、保険会社と連絡を取ったり、車の修理工場へ行ったり、区役所に書類を貰いに行ったり、大忙しの日々を送っています。




うさぎーずの話は色々たまっているんですが、まずはご報告だけさせていただきます。




ご心配をおかけしました
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

大変でしたね(>_<)

ひとまず犯人(!)が判明してホッとしました。
でも…ムチウチになってしまったんですね。。。後々の後遺症が心配です。早めに鍼灸などの治療も受けておいた方がいいかもしれないですね。
今は(特に若い子は)車の任意保険に入ってない人も結構いると聞きます。そうなると、まさに「やられ損」なのだとか(涙)
色々と腹の立つことも多いと思いますが…(たしかに態度が超ムカつく!!)でも、何はともあれ相手が保険に入っていて良かったとホントにそう思います。
とにかく、一日も早く心と体の傷が癒えていきますようにと祈っていますね。ゆっくり体を休めて下さい。

No title

この親にしてこの子あり、でしょうか(--)
20になっても、まだ学生ですから、親は保護責任をしっかり果たして欲しいですね。事故後、まずは保険会社に連絡しないのも非常識。
「やばい! 直進したいのに、ここ右折レーンじゃない」と、強引に割り込んだのでしょうが、それ自体が間違っている。運転する資格ありませんね。いっそ免停になっちゃえば、いい薬になるのに。
これでお母様が重態にでもなっていたら、どうするのでしょう。

お怪我が速やかによくなられますよう、心から祈っております。

教えてください

初めましてで、こんな事を書くのが申し訳ないのですが、私の会社の隣の席の方にこのブログをご紹介いただきました。
その経緯と言うのは、昨日の出勤時、車にひかれて下半身が動かなくなってる猫を見つけました。獣医さんが現場まで迎えにきてくださって今は入院中です。飼い主さんらしき?人は見つかったのですが、その方は事故にあったネコが野良猫で寒い中可哀想とのことで自宅に出入り自由にしてて、あくまでも野良猫なのに事故にあった猫を見た瞬間『うちの子だ』と費用も負担してくれそうな話ぶりでした。でもその方はもう60位の年配の方で、旦那様はずっと鬱病で仕事をしておらず、昨年末まではお姑さんの看病もあったりで、多分お金の余裕はないと思います。
それを会社の方に、募金を募りたいので方法を教えてほいしと相談ささたら、私も以前このブログの方に募金したので、この方に相談してみたら?と教えていただき、御質問させていただきました。突然で本当に申し訳ないのですが、何かいい方法があったら教えていただけないでしょうか?

Re: 教えてください

ゆきさん 

初めまして。。。
コメント読ませていただきました
募金ですね。。。
これは正直言って難しい問題です

まず私が募金に成功したのは 私がmixiなどで名前が知れていること それとブログをやっていてある程度の実績と信用があったからだと思います
そして 初めてのSOSだったので皆さんが協力してくれたと思っています
大口寄付をしてくださった方も見えたので 高額集まりましたが 普通ではそうはいかないですね
皆さんはご存じないのですが その時も誹謗中傷などのトラブルは有りました
募金活動はそういう危険もはらんでいます

ゆきさんはブログとかされていますか?
もしされているのであれば そこで募集してみてください
もしやっていないのであれば もうあなたの身近な人に頼るしかないと思いますし それが一番安全な方法ではないでしょうか?

飼い主さんらしき方には 本当にお金はないんでしょうか?
治療費はおいくら位かかったのでしょうか?
今後の猫ちゃんの介護はどなたがされるのでしょうか?
飼い主さんがいるかたのペットにはなかなか寄付は難しいのですが 金額をある程度の人数で割って少額にすれば 協力してくれる方もいると思いますよ

うちの場合は 飼い主さんが難病で飼育不能となってしまったので まずは一時預かりで私が面倒を見ていました
皆さんが募金してくださったお金は治療費相当額を お金がなくて食べるのもままならなかった飼い主さんに渡し 残りは全額保護団体に寄付しました
後日 一時預かりしていたうさぎさんに病気が見つかり 飼い主さんには保護能力もなかったので私が引き取りましたが その病気の治療に掛かったお金は全て私が出しています
飼い主のいるペットは 飼い主が見るのが当たり前のことなので 正直言って今回はネット募集は難しいかもしれません
ただ お金が集まらないようなら物資の支援を募っても良いと思いますよ
それなら 私も多少のお手伝いは出来ると思いますが 送付先としてあなたか飼い主さんの情報は公開することになります
その辺りのリスクも考えてみてくださいね

御回答有難うございます

コメントへの御返事有難うございます。ブログも何もやっていない為に、ご相談させていただきました。そうですよね、お金がからむことだと難しいですよね。誹謗中傷悲しいけれど、色々な考えのかたがいらっしゃるので、これも覚悟の上でと思ったのですが、もう少し方法を考えてみます。
その野良猫の世話をしてくれた方の家には、沢山の猫とAIDSの猫ちゃんもいて、入院している野良猫を今後どうするのかも心配なとこです。突然のコメントにもかかわらず、ご親切に返事をいただき本当に有難うございました。
プロフィール

ごえもん

Author:ごえもん
2009年5月に脊髄骨折のため下半身不随になってしまったうさぎと2013年の1月まで一緒に暮らしていました。
怪我をした時、あまりにも情報の少なさに愕然とし、少しでも情報をお伝えできればとブログの開設を決めました。
その為、ブログに敢えて「下半身不随」と言う言葉を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキング
フリーエリア
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。