スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎの勉強会に行ってきたよ。胃腸編

こんにちは、ごえもんです。



先日、ソアホック編を書かせて頂いたのですが、反響が大きくてびっくりです。



少しでもお役に立てたならうれしいです。






さてさて、今回は胃腸編です。



このところの気温の変化で、うっ滞などの胃腸障害を起こしている子が多いですよね。



私のmixiやツイッターなどでも、ちらほら調子の悪くなってしまったという話を聞きます。



我が家では、子供の頃にむさしくんが何度かうっ滞を起こしただけで、桜子さんはお迎えした次の朝に下痢をして病院へ駆け込んで以来、胃腸系の病気で病院へ駆け込んだことは一度もありません。



食欲不振も一度もないですから、かなり胃腸は良いと思います。



みみちゃんはお迎えする原因(理由?)となったのが、酷いうっ滞でした。



前の飼い主さんが病院へ駆け込み、10万円近い治療費を掛け、それでも病院から完治という言葉を出してもらえずにSOSを出したんです。



それでうちの掛り付けのさかい動物病院へ連れて行きたかったのと、飼い主さんの心身の調子が限界に来ていたので治るまでお預かりするということで我が家に連れてきました。



その後、また色々あり我が家で引き取ることになったのですが、我が家に来てから一度も食欲不振もうっ滞も起こしていません。



また小次郎君は我が家に来て、まだ1年ちょいなので何とも言えませんが、今のところ健康です。




これは私の飼育が適切だから。という訳ではなく、3匹もいると競うようにして牧草を食べてくれるんですよね。



IMG_1058.jpg

ちゃくちゃんはみみちゃんの牧草を盗み食いしてるし。



2014-03-13 22.19.41

みみちゃんはちゃくちゃんの牧草を盗み食いしているし。



2014-03-08 21.58.34

小次郎君はちゃくちゃんの牧草も



2014-02-03 21.24.37

みみちゃんの牧草も盗み食いしています。



こういうのが良いのかもしれませんね(^^ゞ







さて、前置きが長くなりました。



まずは私の下手糞な絵をご覧ください。



2014-03-17 15.59.29

これは人間の消化器系の絵です。



赤い丸で囲んだのが人間の盲腸。



2014-03-17 11.04.48

(画像訂正しました)

これがうさぎの消化器系です。(ものすご~く簡単に書いてあります)



赤く囲んであるのがうさぎの盲腸です。



見て頂いても分る(?)ように人間に比べてうさぎの盲腸長いですよね~。



この盲腸がうさぎの消化管の主役になります。




うさぎさんが食べ無くなったら、胃の出口(幽門)から回腸の間辺りで詰まっていることが多いそうです。



でも、胃が詰まっているわけでなければうさぎさん食べちゃったりするんですよ。



そうするとどんどん胃が拡張していきます。



飼い主さんはちょっとでも食べて欲しいので、食べられるものはどんどん食べさせてしまいますが、腸が流れていないのでどんどん胃が拡張するだけなんです。



最悪、胃破裂が起きます。




まず、食べ無くなったら飲み薬は効きません。



だって薬って腸で効くんですが、胃が詰まっていたら腸まで薬効が届きませんからね。



同じ理由で水も通さないので脱水が起きてしまいます。



こうなったら一番良いのは、病院での点滴になります。



詰まりなんですけど、病院でレントゲン撮るじゃないですか。



それで何が詰まっているか(食べ物や毛、もしくは誤飲したもの)見るんですが、木や段ボールなど柔らかいものは、まず写らないそうです。



硬いもの(金属や石など)しか写らないそうです。



ここ、ちょっとびっくりしました。



何でも写ると思っていたんですけど、そうじゃないんですね。。。



うさぎは何でも食べてしまうので、本当に誤飲だけは避けたいと思いました。






話を元に戻して。。。



最近サプリ飲ませている方多いですよね?



でもサプリは砂糖の塊なので、飲ませることによりうっ滞を引き起こしてしまうことも多いそうです。



病院にしょっちゅうっ滞で駆け込んでくるうさぎさんがいたそうで、よくよく飼い主さんに聞いたら沢山のサプリを食べさせていたそうで、それを止めさせたらうっ滞を起こさなくなったということもあったそうです。



病院では胃の不調が起きたら、3つの物を組み合わせて処方するそうです。


①プリンペラン

 これは胃を動かしますが、腸を動かすことはしないそうです。


②クエン酸モサプリド

 これは盲腸や腸、また胃の下の方も動かすとのこと。


③マイトマックス

 もともとは犬の薬なのですが、動物実験の過程でうさぎを使っているのでうさぎの安全性が分っているそうです。
 これは便が臭いとか腸内発酵を起こしている場合に良いそうです。

maito60-s-n2.jpg


この3つは常温で半年はOKなので、常備薬として持っていても良いと言っていました。
(さかい動物病院では処方してくれるので、欲しい方は先生に言ってください。)


また年を取ったら普通の時でも予防として飲ませてもOKだそうです。



そういうものなので間違えて飲ませても問題はないんですが、ただ1週間は飲ませ続けた方が良いそうです。




ちなみにもう今ではあまり言われていませんが、パパイヤやバイナップルは効果ありません。



この2つが良いと言われていたのはブロメラインという酵素が毛などのたんぱく質を溶かすからなんですが、この酵素は果物が熟すに従いどんどん減っていきます。


使うなら熟していない緑の果物を絞って飲ませるとのことです。



ちなみにサプリは作る段階で熱を加えるのですが、その熱で酵素を壊すので効かないそうです。



また、ヨーグルトを勧める獣医もいますが、うさぎの胃はpH1の強酸(細菌やウイルスなどから盲腸を守るために胃で殺菌する)なので、効き目はないとのこと。


同じ理由でビオフェルミンは懐疑的だと言われていました。



マイトマックスは、pH1の強酸でも死なないそうです。



ガスピタンについても聞いてみましたが、先生としてはガスピタンよりガスモチン(クエン酸モサプリド)を勧めると言ってました。






あと、これは私の経験ですが、うさぎって体が冷えると腸の働きが悪くなりますよね?



そこで私がお勧めしているのはせんねん灸太陽という貼るお灸です。



003 (73)



028 (11)

むさしくんにも使っていました。



2014-01-09 19.18.31

ちゃくにも使ってます。



使うときには両面テープで補強してつけてあげると、直ぐに体が温まって、多少の不調なら吹っ飛ばしてくれますよ♪





009 (85)

あと、ちょっと高いけどこのヒーターもお勧めですよ~(^^)/






今日のこの記事も参考になると良いなぁ(o´ω`o)ぅふふ

スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

お勉強お勉強

うちの子も今のところ胃腸は丈夫な方だと思う(^_^;)
ただ牧草の嗜好性がその日で違うことがよくあるのが泣ける

サプリで継続的に与えると良くないモノとか有りますか?

※いま与えてるサプリは…
☆乳酸菌チョウキレイ
☆ペレットにアニマルコエンザイムをふりかけ
☆チモシー日にビオネルジー※説明書の規定量より少な目にしてる

うーたん

すごい勉強になりました(・∀・)
愛知県で昔のアニファの動物雑誌に載ってたのでうさぎさんにお灸を添えてくれる病院があって行ってみたいなぁって思ったとこがあったのを思いだしましたけど、場所忘れちゃったなぁ…(°_°)そこの病院、うさぎさんがいるから看護婦さんの帽子をかぶって載ってましたけどね(・∀・)お灸、うちもやってみようかな?私自身、小さい頃にお灸やって調子がよくなったのを思いだしました(・∀・)

またまた

とっても勉強になりました!!

ごえもんさんところはみんなのびのびストレスなく過ごしてるから
きっと元気なんでしょうね!ウチは私もウサギも神経質・・・飼い主
に似るって本当かも・・(^^;)

うっ滞なんども経験しているので、さかい先生のところで処方して
もらっておこうかな~緊急の時のために。さかい先生のところで、
毎日飲ませても問題ないから、と胃腸薬(白い粉薬)を以前貰った
のだけれど、薬名聞いておけばよかったです!

せんねん灸太陽も、マルチパネルヒーターも我が家にあります(^^)
いつも情報、ありがとうございます☆

小次郎くん

内容とはずれるんですが・・・。

小次郎くん、チモシーをほうばるようにがつがつ食べるんですね。
うちのぱせりは、一本一本、食べるので、衝撃でした・・・。

No title

ソアホック編と胃腸編じっくり読ませていただきました
レントゲンって何でもうつるわけじゃないんですね><
うちもあほまろが何でもかじるので気をつけなきゃです
今のところはみんなうっ滞にはなってないですが
換毛中なのでブラッシングがんばってます

サプリも結構注意が必要なんですね
すっごく勉強になりました
うちはサプリというかクコの実あげてます
でもこれからは量に注意しようと思います

お久しぶりです。
いやはや、勉強になります。
そして、三名様がみんな元気で何より。

私んちでは…小次郎くんそっくり兄弟・サエが、ある晩「ぼくしんどい、何も食べたくない」と…
先代がうっ滞起こした時とそっくりで。
やったことは、
「保温」「薬」「食べさせる」でした。
保温は、マットを追加、湯たんぽ、電球型ヒーター。
食べさせるのは当然、強制給餌。
薬はプリンペランと、プロポリス。
あとは、不慣れながらマッサージ。
何が効いたのかはわからないですが、翌朝も同じセットを繰り返し、午前中のうちに緩やかに回復しました。
病院も連れていきましたが、ガスを消す薬もらったくらい。
多分、冷えたんでしょうね。サエは下段住まいですから…
でも、早めに気づいて、早めに対処が一番だなと思いました。
お灸のこと忘れてました…買っとこう。
サエは今も、電球型ヒーターで、腰のあたりを温めてます。
ちょうどお灸貼るあたりですね。

あと、牧草はホント大事だなと。
サエはすごく牧草食べる子なんです。換毛期でも、つながりうんちをほとんど出さない(ウリの方がつながりうんちする)
回復期は、野菜→牧草→ペレットの順番に食べるように。
ペレットは元気な時の食べ物なんですね。
しばらく、ペレットを減らし、野菜と牧草多めにしました。サエもその方が良かったみたいで。
ペレットに飛び付くようになるには、数日かかりましたが、牧草や野菜を食べる子で良かったなあ~とつくづく思いました。
でもヒヤヒヤしました!
今も、サエは暖房強化したままです(笑)サエも腰があったかくて幸せらしい。

Re: タイトルなし

こしちゃん

> ただ牧草の嗜好性がその日で違うことがよくあるのが泣ける

それはめんどくさいね。。。

> サプリで継続的に与えると良くないモノとか有りますか?

サプリ自体があまり良くないようなことを獣医さんは言われてました
特にちょっと齧ってみて甘い味付けの物は駄目だそうです

私がサプリをあまり信用していないので 特にあげてないんですよね
たまにおやつ代わりにあげるぐらいなんで 良く分らないです。。。

Re: うーたん

うーたんさん

> すごい勉強になりました(・∀・)

そうやって言ってもらうとありがたいです^m^

> 愛知県で昔のアニファの動物雑誌に載ってたのでうさぎさんにお灸を添えてくれる病院があって行ってみたいなぁって思ったとこがあったのを思いだしましたけど、

それ 多分むさしが鍼に通っていたところだと思います
小牧の空港に近い場所にある所じゃないかな?

はりもぐペットクリニック
http://www.geocities.jp/harimogupc/

往診専門になったような気がします

Re: またまた

おゆうさん

> とっても勉強になりました!!

そう言ってもらえてうれしいです

> ごえもんさんところはみんなのびのびストレスなく過ごしてるから
> きっと元気なんでしょうね!ウチは私もウサギも神経質・・・飼い主
> に似るって本当かも・・(^^;)

それは言えますね
みみっちの前の飼い主さんがちょっと神経質な感じの方だったんですけど その当時のみみっちと うちに来てからのみみっちはうさぎが変わったように横着になりました^m^

> うっ滞なんども経験しているので、さかい先生のところで処方して
> もらっておこうかな~緊急の時のために。

貰っとくと安心ですもんね

>さかい先生のところで、
> 毎日飲ませても問題ないから、と胃腸薬(白い粉薬)を以前貰った
> のだけれど、薬名聞いておけばよかったです!

先生のところは名前を教えてくれないですもんね
だから 私は自分から聞くようにしましたよ(^^ゞ

Re: 小次郎くん

ひとみさん

> 小次郎くん、チモシーをほうばるようにがつがつ食べるんですね。
> うちのぱせりは、一本一本、食べるので、衝撃でした・・・。

あっ 盗み食いの牧草は柔らかい2番刈りソフトタイプなんですよ
これだとお蕎麦食いします

でも 自分の一番刈りだと一本ずつ食べてますよ^m^

Re: No title

まみぽんさん

> ソアホック編と胃腸編じっくり読ませていただきました

ありがとうございます(^^ゞ

> レントゲンって何でもうつるわけじゃないんですね><

私も何でも写ると思っていたのでびっくりでした

> うちもあほまろが何でもかじるので気をつけなきゃです

セミナーで見せてもらった映像で うさぎさんがゲルマニウムのネックレスを一本分食べちゃったのがありました
あと縫い針を食べちゃって 口の奥~前歯のところまで刺さっちゃったのがありました
これはかなり衝撃的でしたよ
うさぎって石だって何だって食べちゃうから危険だそうです

> うちはサプリというかクコの実あげてます
> でもこれからは量に注意しようと思います

クコの実は確か漢方薬にも使われてますよね?
となると 薬効があるのであげる量は気をつけた方がいいかもしれないです。。。

Re: タイトルなし

すずさん

> お久しぶりです。

(^^ゞ

> いやはや、勉強になります。
> そして、三名様がみんな元気で何より。

ありがとう(^^)/

> やったことは、
> 「保温」「薬」「食べさせる」でした。
> 保温は、マットを追加、湯たんぽ、電球型ヒーター。
> 食べさせるのは当然、強制給餌。
> 薬はプリンペランと、プロポリス。
> あとは、不慣れながらマッサージ。

私も大抵こんな感じでやってますが 食べない時の強制給餌も独断でやっちゃいけないなぁって思いました
マッサージもおなかは危険ですね
背中なら良いそうですが。。。

> お灸のこと忘れてました…買っとこう。
> サエは今も、電球型ヒーターで、腰のあたりを温めてます。
> ちょうどお灸貼るあたりですね。

それなら お灸じゃなくても良いんじゃないかな?
ただ お灸は貼りっぱなしに出来るから 飼い主が楽ってことだと思いますよ

> あと、牧草はホント大事だなと。
> サエはすごく牧草食べる子なんです。換毛期でも、つながりうんちをほとんど出さない(ウリの方がつながりうんちする)

これも獣医さんが言ってたんですけど 繋がりウンチは出しても良いそうです
というか おなかの毛が出ている証拠だから 出てた方が良いって言ってました

そうなんですね`s(・'・;)

プリンペランは、家畜にも使ってますね~。実家の牛に処方されてたことがありました。さすがに、量は全然違うと思うけど(^^;
うちも、うっ滞起こさない牧草大好きッコ達だけどビオフェルミンを時々与えていました。効果は、びみょ~なんですね(´Д`;)

レントゲンは、言われて見ればたしかに、人間だって金具付きのものさえ外せば服着たまま撮るけど服は映りませんもんね`s(・'・;)

Re: そうなんですね`s(・'・;)

あっぴさん

> プリンペランは、家畜にも使ってますね~。実家の牛に処方されてたことがありました。さすがに、量は全然違うと思うけど(^^;

実家の牛ww
凄く 壮大な感じがします
さすが北海道♪

> うちも、うっ滞起こさない牧草大好きッコ達だけどビオフェルミンを時々与えていました。効果は、びみょ~なんですね(´Д`;)

うちもたまにあげていたんですよ
その為に ビオフェルミン買ったし。。。
でも あげても悪いわけじゃないから 多分私はあげるかも?

> レントゲンは、言われて見ればたしかに、人間だって金具付きのものさえ外せば服着たまま撮るけど服は映りませんもんね`s(・'・;)

言われればそうなんだけど みんな写るんだと思っていたからびっくりです

No title

強制給餌は、そうなんですね、胃が破裂するかもしれないと・・・

こういう医療の常識は、変わってくるんでしょうねぇ。
今度、調子が悪くなったら、野菜をミキサーにかけて強制給餌しようかな?
というのは、回復する時は、まず野菜から食べるので。次が牧草。ペレットは最後なので。
それなら、普通の強制給餌よりも負担が少ないかも・・・
まぁ、まずは病院ですけどね!(でも調子崩したのを気づくのって、夜なんですよねぇ。。)

つながりウンチについては見解がわかれますよね。
出てた方がいいってのは私も何かで見ました。どっちかというと、新しい見解みたいですね。
ウリは、毎日つながりウンチ出しまくりでも元気です。サエは、あまり出さないけど元気です。
ま、なにはともあれ元気が一番ってことですね~

Re: No title

すずさん

> 強制給餌は、そうなんですね、胃が破裂するかもしれないと・・・

私も むさしがうっ滞になると色々食べさせたいたんだけど 今考えると怖いよね。。。

> こういう医療の常識は、変わってくるんでしょうねぇ。

確かに医療の世界は日進月歩だから 昨日の常識が今日の常識じゃないですもんね

> というのは、回復する時は、まず野菜から食べるので。次が牧草。ペレットは最後なので。

うちはどうだったかな?
もう 6年以上誰もうっ滞してないから 忘れちゃった。。。
でも もしなったら それこそ大騒ぎするかも?

> つながりウンチについては見解がわかれますよね。
> 出てた方がいいってのは私も何かで見ました。どっちかというと、新しい見解みたいですね。

そうそう 前は繋がりウンチが出たら病院へって感じだったけど 今は出ているなら安心に代わりましたもんね

> ウリは、毎日つながりウンチ出しまくりでも元気です。サエは、あまり出さないけど元気です。
> ま、なにはともあれ元気が一番ってことですね~

うちの子たちは 繋がりウンチもあまり出さないんですよ
せいぜい2~3個繋がっているぐらいで。。。

これで急に誰かうっ滞でも起こしたら 半泣きで大騒ぎするかも?
プロフィール

ごえもん

Author:ごえもん
2009年5月に脊髄骨折のため下半身不随になってしまったうさぎと2013年の1月まで一緒に暮らしていました。
怪我をした時、あまりにも情報の少なさに愕然とし、少しでも情報をお伝えできればとブログの開設を決めました。
その為、ブログに敢えて「下半身不随」と言う言葉を入れています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキング
フリーエリア
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。